The link at the date of the calendar is an entry.
お別れの日
2017-12-02 Sat 22:25
1年以上ブログを空けてしまいました。
いきなり悲しい話題で、長文で申し訳ありません。
でも、今日書かなかったらもうずっとブログをかけないままだと思うので、書かせていただきます。

実は去年の今日、もえひなの末っ子、龍ちゃんが突然空に還ってしまいました。

PB293935.jpg

前日夜までは元気にしていたのですが、
朝の放鳥で便秘のような様子で、ご飯を食べない状況だったので
その日のうちに病院に受診しました。

原因はボレー粉の食べ過ぎで、グリットインパクションに近いものですが、
通常のグリットインパクションの場合、胃の中に詰まるものが、
龍ちゃんの場合なぜかち腸まで流れてしまい、
腸壁が傷ついて血便が出てしまっていました。

とにかく体力を保ちつつ便が出てくれるのを待つしか無いとのことで、
入院して治療していただいたのですが、
入院した夜ー—1年前の今日の深夜、悲しいお知らせがきてしまいました。

ボレー粉でグリットインパクションを起こす例は
女子ではたまにあるものの、通常もっと軽く済むことが多く、
男子で、しかも腸にまで流れて命を失うというのは今までにもない稀な例で、
不幸な事故としか言いようが無いとのことでした。

我が家では、それ以来怖くてボレー粉は控えているのですが、
本当に稀な例だそうなので、一概にボレー粉が危険とは言えないと思います。
おそらく、龍ちゃん自身の体の構造に弱さがあったのかもしれませんし、
他の体調不良と重なっての出来事だったのかもしれません。
こんなことになる前に気づいてあげられれば良かったと思うけれど、
あまりにあっけなく、愛しい命は消えてしまいました。

PB223781.jpg

ちり羽に癖があって、いつも尾羽からぴょんと飛び出していた龍ちゃん。

P1013324.jpg

早くに母を亡くして、こんなに小さかった龍ちゃん。

P1014176.jpg

でも、一生懸命ご飯を食べて、立派に育ってくれた龍ちゃん。
それでもずっと抱えていたかもしれない内蔵の弱さに、気づいてあげられなくてごめんね。

P9250571.jpg

ずっとずっと大好きだよ。龍ちゃん。


あまりに急なことで、お見送りの方法を何も考えていなかったのですが、
一旦火葬して、
夏になってからようやく踏ん切りがついたので、
焼き物の鉢に埋葬しました。

灯、雫、立夏の産んだ弟妹、甥姪にあたるお玉達と一緒に
花の植わった鉢の下に眠っています。

とはいえ、龍ちゃんの体のほとんどは、
火葬したときに煙となって文字通り空に還ったのだと思います。
残された骨も、時間とともに土に還ることでしょう。
そして、もう二度と龍ちゃんとして命を持つことは無いものの、
大気や土に溶けた龍ちゃんの体の欠片は、
いつかまた他の生き物の一部として息づくことがあるのかもしれない。
命は巡る。
そう信じています。


ぽちっと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

ありがとうございますv
web拍手 by FC2
別窓 | ぶんちょこ日誌 | コメント:0 | トラックバック:0
<<思わぬ出会い | Aya-iro note | びっくり。>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| Aya-iro note |