FC2ブログ

流血の惨事...

クリスマスを目の前に、我が家で傷害事件が勃発しました。
おやすみカバーの中まで弥生をストーキングして
やよかりの籠についている青菜用の洗濯バサミに止まっていた立夏が、
弥生の一撃を受けたらしく負傷してしまいました。

籠越しではあるものの当たりどころが悪かったのか、
内ももひきの根元部分か、そこに近いお腹の辺りからかなり出血していました。
発見当初は立夏の右足と現場の洗濯バサミは血まみれ、
その下には直径2cmほどの血だまり......
と大変スプラッタな状況で、ニンゲン青くなりました。

血はすぐに止まったのでほっとしたものの、
ともかく、止まり木無しの看護室にいれ保温高めにして様子を見ていたのですが、
本鳥は負傷当初からこんな感じでケロッとしており、
痛そうな様子も見せず全く元気。


PC232996 のコピー

いや、それホクロじゃなくて君の血だから!


PC263001 のコピー

3-4日看護室で様子を見ていたのですが、
傷が再び開くような様子もなく、
本鳥はとにかく元気が有り余っている状態だったので、
昨日無事通常の生活に戻りました。

今回は大事に至らずに済んだのですが、
(それにしてはスプラッタだったけど)
今後はもう流血事件が起こらないように、
しっかり隔離しないと......と反省中です。
ごめんよ立夏(> <)
でも、猛父のストーキングはもう絶対禁止!




Comments 3

Katsuei

凄い攻撃力なんですね

一撃でそんなに流血する程の傷を負わせるとは、弥生は凄い攻撃力なんですね。弱い動物ほど怪我をしても平気そうにするものですから、心配ですよね。

2014-12-29 (Mon) 20:40 | EDIT | REPLY |   

エクリュ

立夏ちゃん、平気な顔をしてるけど、
お話を聞くとすごい。大丈夫なんでしょうか。
弥生くんの一撃って破壊力あるんですね。
ほんと大事に至らなくてよかったです!

実は、うちもシェルを別ケージにしています。
こちらはちゃちゃへの気持が強すぎて・・・・><
なかなかうまくいかないものですね。

今年もブログを楽しく読ませていただきました。
後半はなかなかコメントできませんでしたが、
来年もどうぞよろしくお願いします。

2014-12-30 (Tue) 22:44 | EDIT | REPLY |   

>Katsuei さん
我が家でも他の鳥を流血させるほどの攻撃力があるのは弥生だけですね...(- -;)
幸い出血の派手さの割に傷自体はたいしたことがなかったようで、すっかり元気になりました。

>エクリュさん
正直、最初見たときは命に関わるかもしれないと青くなりました...
本当に、立夏がすぐ元気になってよかったです...
文鳥さんは男女問わず気が強い子が多いので、同居は一苦労ですよね。
シエル君、落ち着いてくれると良いですね。
私も今年はよそのお宅への訪問やコメントどころか自分の所の更新もお留守になりがちでした(> <)
来年はもっとブログの方にも顔出したいなと思っています。
こちらこそよろしくお願いいたします。
良いお年を...(^ ^)

2014-12-31 (Wed) 17:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © Aya-iro note All Rights Reserved.