The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぽちっと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

ありがとうございますv
web拍手 by FC2
別窓 | スポンサー広告
お別れ......
2013-02-24 Sun 23:36
また久しぶりの更新になってしまってすみません。
こちび、無事に里親さんの所にひきとられました。

お別れ-1

くるみ君というお名前を貰って、里親さん宅でとても可愛がられています。
Twitterで彼の幸せそうな写真が流れてくる度、とてもほっこりします。

そして今日は、もう一つのお別れも報告しなければいけません。
みなさまに温かく見守っていただいているにもかかわらず、申し訳ありません。
小雪を、殺してしまいました......
こちびを送り出した二日後の18日の夜、日中過ごすケージから夜寝るとき用のキャリーに移した際、サーモのセンサーを一緒に移すのを忘れてしまったのです。
数時間後気付いた時にはキャリーの中は過熱状態で、小雪はヒーターから一番遠い入り口の所で動かなくなっていました。

きょうだいをたくさん失くして、やっとここまで大きくなった命だったのに、
萌木に良く似た、とても愛らしい女の子で、きっと綺麗なアルビノ文鳥になったはずだったのに、
幼い命は、私の不注意で、あっけなく、消えてしまいました。

お別れ-3

弟こちびと本当に仲良しだったのです。

お別れ-2

こちびが里子に行く当日、最後の放鳥時間には、こちびが小雪に羽づくろいをしてあげていました。

お別れ-4

こちびがいなくなってからは、弥生や両親のケージの前に張り付いて、
さんざん威嚇されてもずっと離れませんでした。
これならば、俺様で乱暴な弥生とも、寄り添ってくれるのではと思っていました。
これから、楽しいこと、いっぱい知って欲しかった。
恋もさせてあげたかった。
美味しいものも色々食べさせてあげたかった。
なのに、こんなにも短い命で、終わらせてしまいました。

お別れ-5

小雪、ごめんね。
暑くて、苦しかったよね。
もっと生きたかったよね。

体調も精神状態も十分ではないのに、萌木と陽菜の子どもが欲しいと思ってしまった私の強欲が、
萌木と陽菜に大きな負担をかけてまで授かった5羽もの幼い命を徒に奪う結果を生んでしまいました。
準備や心構えはしっかりしたつもりだったけれど、それでも全然足りず、
秋から冬の育雛の難しさを解っていなかったのです。
こんな形で育雛日記を終えること、ひなたちにも、萌木と陽菜にも、見守ってくださった皆様にも、お詫びのしようもありません。

どうして小雪のような幼く何の罪も無い命が消えて、
私のような役立たずで周りに迷惑をかけ、幼いひなの命を幾つも奪った罪深い人間が生きているのだろうかと思いました。
とりさんたちをもっとちゃんとお世話の出来る方に託して私は消えるべきなのではないかとも思って、
大人達の里親さんを募集しようかとも考えました。

でも、やっぱり私は彼らと一緒にいたい。
小雪の愛した大人達をこの手で幸せにしてあげることで、せめてもの償いにしたいと思います。
とりさん達には迷惑かもしれないけれど、一緒にいさせてもらおうと思います。
 
明日、小雪を先代の文鳥達、卯月、茶々、白雪、ラテ、おちびの眠る実家の庭に埋葬してきます。
みんな、ほんとにごめん。
謝っても謝りきれないけれど、私に出来ること、これしか無いんだ。
愚かで未熟な飼い主で、ごめんね。



ぽちっと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

ありがとうございますv
web拍手 by FC2
別窓 | ひなひな成長記♪ | コメント:9 | トラックバック:0
<<琥珀2歳♪ | Aya-iro note | 仲良し姉弟v>>
この記事のコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-25 Mon 09:34 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-25 Mon 11:18 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-25 Mon 21:19 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-25 Mon 22:06 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-26 Tue 00:33 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-26 Tue 01:13 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-26 Tue 20:19 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-03-01 Fri 19:14 | | #[ 内容変更]
>9:34の鍵コメさん
暖かなお言葉、ありがとうございます。
萌木と陽菜が一生懸命産み育てた子ども達なのに、
あまりに多くの幼い命をこの手でなくしてしまい、罪の重さに見合う謝罪など到底出来そうにありません。
それでも、これから出来ることをするしか無いのですよね……

>11:18の鍵コメさん
すみません。
でも、茶々、白雪、ラテ、おちび、小雪の命、あんなにも短く終わらせてしまい、
何故自分の命はこんなにも長いのだろうと思わずにはいられません。
今から出来ることは、こちび/くるみの幸せを祈り、4羽の大人達のお世話を精一杯するしかないのですが、
本当にそれだけしか出来ない自分が、ふがいなく、ひな達にも、両親である萌木と陽菜にも申し訳ないです。

>21:19の鍵コメさん
小雪を不注意で失ったことで、大人達も今の体調で責任もってお世話をしていけるのだろうか?
もっとちゃんとした飼い主さんに託した方がみんな幸せなのではないか……との不安は今もあります。
私が離れたくないとの想いで一緒にいさせてもらっていますが、それでいいのか自問する日々です。
この子達を幸せにしてあげたい。でも、私にそれが出来るのかなあ……と考えてしまいます。

>22:09の鍵コメさん
温かいお言葉、ありがとうございます。
体調、鬱病なのですが、良くなったり悪くなったりを繰り返しながらもうずるずる1年近くになってしまい、
果たしてこれが治るのかどうか、自信がありません……
私に命綱を握られている大人達のためにも治したいとは思うのですが……

>0:33の鍵コメさん
私を慰めるためにご自身の辛い体験まで話してくださって、ありがとうございます。
小雪はとても短い生涯でしたが、空の上で温かく迎えてくれるとりさんがいっぱいいることだけが、せめてもの救いです。

>1:13の鍵コメさん
そうですか……
それは本当に、どんなにかお辛い体験だったでしょう。
私の失敗で失われた命のことを書くことで、せめてこれから生まれる命の助けに少しでもなればととも思うのですが、
それでも、なぜ萌木と陽菜の大切な子ども達を、ちゃんと育ててあげることが出来なかったのだろうと、思わずにはいられません。
でも、失われた命は、二度と帰ってくることは無い。
今ある命を大事にしていくしか、ないのですよね。

>20:19の鍵コメさん
はい。こちび改めくるみ君は里親さんにとても愛されているようで、それだけが今回の育雛の希望です。
小雪、うちにきたかったのかなあ?
もっとちゃんとしたお家に生まれてきた方が、どんなにか幸せだっただろうと思わずにはいられません。
5羽の命……これからに行かすというにも、あまりに重いです。
でも、残された命に出来ることをやっていくことが、せめてもの償いなのですよね……

>19:14の鍵コメさん
小雪、幸せだたのかなあ?
多くのきょうだいを失くしながらも危険な次期を乗り越えて、やっとこれから安心して楽しい鳥生が過ごせると思ったのに、
あまりにあっけなく、最後はきっと苦しませて死なせてしまい、可哀想で、申し訳なくて、やりきれない気持ちになります。
でもせめて、小雪の愛した弟こちび/くるみ君の幸せを祈り、大人達のお世話をきちんとすることが、今出来る精一杯なのだなあと思います。


2013-03-17 Sun 21:56 | URL | 楓 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| Aya-iro note |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。