The link at the date of the calendar is an entry.
萌木、三度目の手術
2018-03-31 Sat 21:40
*ご注意*

ほんの少しではありますが、出血の跡が見られる写真を含みます。
苦手な方はご注意ください。


今回は通院日誌になります。
脚の腫瘍がだいぶ大きくなってしまい、これ以上大きくなるようならば手術で削ることが必要と言われていた萌木、
2週間ほど前の夜、ふくらみが気になってしまったのか、自分でつついて出血してしまいました。

P3189453のコピー

本鳥は呑気な様子でしたが、一晩の間にだいぶ出血してしまっていました。
くちばしの色も少し薄くなってしまい、体重も少し落ちてしまって、
翌朝予約を取って即病院に連れて行きました。

担当の先生が休診だったこともあり、
ひとまず止血剤の注射と飲み薬をいただいて自宅療養に......


P3259465-2.jpg

しかし、今までの治療経過を考えると、再び手術になる可能性が考えられました。
いざそうなったときに体力的に耐えられるように、
夜間点灯&保温で体重の回復を目指しながらも、
手術の可能性に不安な1週間を過ごしました。

そして再診の結果、これ以上傷口が広がったら出血による危険もある上、
手術すら出来ない状態になってしまうということで、
その日の夜に腫瘍切除の手術を行っていただくことになりました。

今までは成功してきたとはいえ、血管に当たってしまうと命の危険や断脚の可能性もあると伺っていたので、
祈るような思いで病院からの連絡を待っていました。

そして夜9時過ぎ、無事処置が終わったとの連絡を受け、ほっと胸を撫で下ろしました。


IMG_3010.jpg

今回は発端が自分でつついての出血だったこともあり、
術後は傷口に触らないようにカラーをしての療養になりました。
術後の経過やカラーをしてもご飯が食べられるかどうかなど様子を見るため、
処置後も引き続き入院していたのですが、
5日経った昨日、無事退院して家に帰ってくることが出来ました!

萌木は家についてすぐ、他の子たちと鳴き交わしていて嬉しそうでした。
引き続きカラーをして、自宅でも保温して安静にしていなければいけませんが、
入院中から順調に体重も回復しており、かなり元気な様子です。

7歳にして3回目の手術、また辛い思いをさせてしまったけれど、
萌木、よく頑張ってくれました。
手術の結果を待つ間、最悪の事態も覚悟しましたが、
無事家に帰ってきてくれて本当に嬉しいです。



ぽちっと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

ありがとうございますv
web拍手 by FC2
別窓 | ぶんちょこ日誌 | コメント:4 | トラックバック:0
| Aya-iro note | NEXT>>